かみつるまっぷ
HOME - サイトマップ - <<戻る


HOME > 上鶴間 > 上鶴間の歴史 > 上鶴間の神社仏閣 > 金山神社

上鶴間の神社仏閣

最終更新 :

金山神社

金山神社

上鶴間橋の近くに発展した一本橋商店街を含む、町内の鎮守として奉られています。祭神は"金山毘古命(かなやまひこのみこと)"と"金山毘売命(かなやまひめのみこと)"です。

境内には八坂神社と第六天社の2社が合祀されています。第六天社は、戦後になって現在の場所に移されてきたということです。

金山神社の歴史は意外に古く、江戸幕府の頃の『新編相模国風土記稿』に、すでに"金山大明神"として記録されています。
ちなみに現在の社殿はごく新しく建立されたものだそうです。

9月中旬が祭日になっており、この時期になると境内ではカラオケ大会などが催され、昼間は山車を牽いた子供たちの姿も見ることができます。

* この色の文字にカーソルを合わせると意味や解説がポップアップ表示されます。


HOME - はじめに - 上鶴間 - 境川 - 上鶴間への道 - メール - リンク集 - etc.
Copyright (c) 2003-2004 Hirano Dental Clinic. All Rights Reserved.