かみつるまっぷ
HOME - サイトマップ - <<戻る

HOME > 上鶴間 > 上鶴間の歴史

上鶴間の歴史

最終更新 :

「上鶴間」の「鶴」って何でしょう?「鶴」という文字が使われる地名の由来には「鶴が住むような湿地帯」という説や、植物の「蔓(ツル)」のようにまっすぐではない様子の地域を意味するとの説もあるようです。
説はともかく、全国的に見ても「鶴」のつく地名地域には「細長く曲がったところ。川沿いの地域。水路のある低地。川が屈曲している。」などの共通した特徴があるのだとか。
「上鶴間」もその特徴をよく表している地域なのは確かです。

上鶴間村(江戸期〜明治22年の村名)

寛永・元禄年間
旗本大岡氏、長谷川氏が知行。谷口・中和田の集落が形成されたのもこのころです。
明治元年
神奈川府を経て神奈川県に所属。

上鶴間(明治22年〜現在)

昭和29年以降
相模原市の大字に。
昭和2年に小田原急行鉄道(小田急)が開通、同4年東林間都市(現東林間)駅、同13年通信学校(現相模大野)駅が新設され、南部の交通の起点になりました。
昭和30年代
日本住宅公団相模大野団地・上鶴間団地の造成などを機に人口が急増し、市南部の中心地になりました。
同40年代・50年代以降
東林間・相模大野や相模大野駅以北の町など一部が町名整備され現在に至っています。
そして近い将来、新たな町名整備により上鶴間は再び変わろうとしています。
参照:[ 大字上鶴間地区を「上鶴間本町」に ]「タウンニュース」より

上鶴間ってどんなとこ? - 上鶴間の歴史 - 上鶴間の風景 - 上鶴間の?

HOME - はじめに - 上鶴間 - 境川 - 上鶴間への道 - メール - リンク集 - etc.
Copyright (c) 2003-2004 Hirano Dental Clinic. All Rights Reserved.